トリーバーチ Tory Burch 財布超美品、高品質,トリーバーチ バッグ最安値で販売!

さんが言及された内容のうち、山田が自身を包摂主義者と考えていることについては、別途会話ページに説明をいたします。(後からの追記)「」を公開しました。--() 2013年8月26日 (月) 07:39 (UTC)次に、さんが指摘された「」にある記述「除去によって改善を行うのであれば、その記述を行った人を含めた他の編集者への呼びかけを行うなどの配慮をしてください。」に照らして、山田の即時削除が配慮を欠いたものであったことを認めます。トリーバーチ 財布この点については不明を深くお詫びするものです。本来であれば、適切であると信じて即時削除を行なったとしても、その上で、初版投稿者や他の編集者に即時削除を行なった理由を説明し、適切な形(この場合であれば定義が明確に示されている状態)で再投稿をすることを促すべきであったと思います。また、今回のケースでは、このまま放置すれば即時削除の可能性があることを初版投稿者や他の編集者に告げて記事の改善を促すべきであったと考えます。その上で、「」の記述から、<「定義がないだけではなくその他の問題が含んでいるもの」でなければ「記事1」を理由に即時削除すべきではない>、と解することはできないように山田は思います。山田が方針に反映されるべきだと申し上げているのは、<「定義がないだけではなくその他の問題が含んでいるもの」でなければ「記事1」を理由に即時削除すべきではない>ということです。少なくとも「」を見る限りでは、そのようなことは明示されていません。さんが言及されている過去の経験は、適切にルール化していく努力がなされなければ、経験の長い方々の独占物でしかありません。さんは、「」の「記事1」の内容について「記事1にて削除されるべきものの、典型的な例として、「項目名だけ書いてあるもの」、「文章になっているが、定義になっていないもの」、「その他、単なる単語の羅列等」。+αとして「数値データ表のみの記載で、 定義となる説明文が一切ない。」の4つが挙げられています」とされていますが、最後のひとつは書き方の例示であり2番目の具体例を挙げているに過ぎません。山田が、当該記事の当時の内容が即時削除相当と判断したのは、さんが省略されている2番目、念のため括弧書きを省略せずに引用すると「文章になっているが、定義になっていないもの(例:「彼は非常に有名で多くの人に慕われていた。死ぬまでに3冊の本を書いて社会に貢献した。」)」に該当すると考えたからです。トリーバーチ 財布 その意味では、さんとは認識が異なります。独立した定義部はなく、「事件概要」と題された節からはじまっていたその時点での記事は、誰々が何をしたという記述は書き連ねられていましたが、それが「ビハール号事件」の定義なのか、事件を構成する部分的な要素に過ぎないのかは不明確であり、まさにさんご自身がなさっているように言葉を補わなければ定義として成立していないと山田は考えました。山田自身は、既に述べたように「現時点においても、私自身は即時削除段階における当該記事に定義文はもちろん、定義が書かれていたとは個人的には思っておりません。もちろん「定義」の定義が人によっては異なるでしょうから、グレーゾーンは常にあると思いますが、スタイルを無視して定義文を書かずに作成されたような記事が、望ましい記事であるとは考えておりません。」という立場に変わりはありません。

秋冬新作トリーバーチ バッグ,tory burch バッグ業界最高級正規店なみのサービスをご堪能!

その上で、上記のさんのご指摘への応答でも述べたように、現時点においては、即時削除の可能性があることを初版投稿者や他の編集者に告げて記事の改善を促すべきであったと考えています。--() 2013年8月26日 (月) 02:34 (UTC)山田晴通氏個人が「適切では無い」と思われるや否やと、Wikipedia管理者がその記事を即時削除するべきや否やについて、直接的な関係は無いと言う事をご理解頂けたのであれば、大変結構な事かと存じます。tory burch 財布なお、今後は山田晴通氏個人が「適切では無い」と思われた記事につきましては、上記の如く改善を促す、もしくはご自身で改善してみる(自慢じゃないですが何度もやりましたよ、現役管理者時代は)他に、あなたがいち利用者として即時削除テンプレートを貼付し、他の管理者の意見を伺ってみる、と言う手もあります。あなたが削除すべきと思った。某管理者も削除すべきと思った。その時点で記事が即時削除される訳で、言わばダブルチェックとなります。本当はトリプルチェックくらいできれば良いのですけどね。--() 2013年8月26日 (月) 05:35 (UTC)そりゃ簡単な事で、「今後は行いません?注意します」に類する言葉が一切見られないからです。「読み取れる記述があるのであれば、具体的にご指摘ください。」なんてぇ問題じゃないんですよ。山田氏、ちょっとフランクに行かせて頂きます。あなたは、「ごめんなさい」を言うことに、非常に抵抗がある、のではありませんか?あなたが腹の中で何を思おうとそりゃ個人の勝手ですし、公序良俗?マナーに反しない限り管理者たれどもコメント内容は自由ですが、ウィキペディアの管理者であるのであれば、そして管理者として権限を行使するのであれば、その時には必ず、tory burch 財布 ウィキペディアのコミュニティの意思に沿った行動を求められるんですよ。ある程度自分は殺していかないといけない。こんなことは当たり前ですよね。それが管理者の仕事です。で、今回あなたはそこで、コミュニティの意思に背く行動を行った訳です(ここまで寄せられた諸兄のコメントを見る分には)。あなたとしては最善を尽くされたのかもしれませんが、大ハズレだった。???それならこう言えばいいんです。「自分としてはかくかくしかじかでそれがベストと思い対応したのですが、どうやらそれは誤りで有った様です。今後この様な事を起こしません様、くれぐれも注意して参ります。特に執筆に関わられた各氏は、大変不愉快に思われたでしょう。ご迷惑をおかけ致しました。」???簡単でしょう?あ、丁寧に書きましたけど、もっと省略しても良いですよ。要は、明確に謝罪すればそれで済む。トリーバーチ バッグあなたは何故、謝罪や反省を口にしないのですか?間違いなんて誰でもある、なんてことは、いい大人なら誰でも知ってるんですよ。

トリーバーチ Tory Burch 財布激安直営店2013新作期間限定割引実施中信用第一だ, 最速商店!

私だって管理者時代、トリーバーチ バッグ 何度メールや会話ページでツッコまれたことか(笑)。だから大抵の分別有る大人は、大抵のケースで、謝罪されれば許しますよ。謝罪することで、今後は繰り返さないと言う表明にもなる。もちろん言ったからには実際に、今後は繰り返さない事が求められます。ま、「度」ってもんはそりゃ、ありますけど。で、改めて。繰り返すんですか?繰り返さないんですか?当該記事の執筆者各位に何かコメントはありますか?それとも絶対に謝りませんか?管理者を続けていれば、もう毎週???は言い過ぎですが、毎月の様に誤りますよ。人は絶対に誤ります。誤る事前提でやんないといけない。管理者に立候補なさる前に、時折頭を下げるハメに陥ることは、覚悟しておいて欲しかったです。で、「特定の記事について、管理者として関わるか、執筆者として関わるかの判断は、管理者個人の自由な裁量の下にあると考えております。」ですがね、それはその通りです。ですが前者の場合は個人を殺し、後者の場合は管理者権限は使わないでください。山田氏は時折、tory burch バッグ 両方やっちゃってます。それがまずいと申し上げております。演説を行うなら権限は使わない。権限を使うなら演説は行わない。正確には違いますが、公私混同とかオンオフの使い分けとか、そういう類のお話です。私は大演説を行いながら権限行使を行う行為は、好ましいとは思いません。そういうお話なんですよ。余談ですが、今はもう怖い者知らずの立場ですから言えますが(笑)、全般2での即時削除は山田氏関係無く、タグを貼る側も、削除する側も、濫用がされていたと記憶しています。半年以上を経た現在はもう収まっているかもしれませんが。現役管理者/削除者諸兄、もしまだ濫用が続いている様でしたら、どうかご一考を。--() 2013年8月25日 (日) 11:26 (UTC)確認ですが、さんは、このやり取りをこの節で続けることをお望みでしょうか?少なくとも「「今後は行いません?注意します」に類する言葉が一切見られない」からといって、「貴殿はこの全ての指摘が、不適切だとおっしゃる。」と自動的に置き換えられるような状態で「フランクに」書き込まれた内容は、この節の主題から逸脱していませんか?もし、ここでの継続をご希望ということでしたら、その旨を仰ってください。また、別の場所への移動をお望みでしたら、場所をご指定ください。ただし、今夜はこれからオフラインになりますので、すぐに応答はしかねます。その上で、提起されていおいでの論点については、ここで継続するにせよ、どちらかの会話ページを利用するなど別の場所へ移動するにせよ、tory burch バッグ24時間以内には応答を差し上げます。--() 2013年8月25日 (日) 12:46 (UTC)横から議論に参加することをお許しください。山田晴通さんは今回の議論を踏まえて「 さんの仰ることは弁えております。自分の判断とコミュニティの判断が異なるわけですから、今後、類似の案件に遭遇した際に対処が変わるのは当然です。」とおっしゃいました。そこにあと一歩、

Tags - , , ,