超ファッションなインターナショナルウォッチカンパニー IWC 腕時計レディースセール実施中!

iwc 腕時計 レディース全て自社で在庫してますので即日発送も可能!最短で翌日にあなたのメガネが到着します!100%満足!会議の結果、暫定行政機構に代わり、カルザーイを大統領とするが成立した。iwc 腕時計 レディース2002年7月6日、ハジ?アブドゥル?カディール副大統領が暗殺された。カディール副大統領はパシュトゥン人であり、同人の暗殺により、最大民族パシュトゥン人の不満が増し、アフガニスタン情勢悪化に拍車をかけることになったという。2003年[]この節のが望まれています。憲法制定[]2003年12月14日から2004年1月4日にかけて、カーブルにおいて制定ロヤ?ジルガが開催された。これによりが成立し、2004年1月26日から施行された。2004年[]この節のが望まれています。2004年3月、パキスタンのにおいてターリバーン、との間で戦闘が起きる。2004年4月及び2005年2月に和平合意が結ばれ、パキスタン軍が撤退するのと引き換えに南ワジリスタンの地元部族側は外国武装勢力を立ち退かせる約束をした。しかし、アフガニスタンへの越境攻撃は止まらず、和平合意は形骸化した。以降、パキスタン?アフガニスタン国境地帯のなどにおいて断続的な戦闘が続いている(iwc 腕時計 レディース)。大統領[]2004年10月9日にはアフガニスタン全土および?を投票地域とする選挙が行われ、カルザイが55.4%の票を獲得。初代大統領に選出された。カルザイは12月に大統領に就任し、が正式に成立した。2005年[]この節のが望まれています。2005年後半からタリバンを中心とした武装勢力が南部各地で蜂起し、米英軍などと交戦している。このタリバンの蜂起は国際治安支援部隊(ISAF)が南部や柌郡苏归_し始めた時期と重なっている。当時、ISAF側はタリバンの攻撃増加はタリバンがISAFに追い込まれた結果として抵抗するためのものである、という強気の見方を示していた 。しかし、iwc 腕時計 レディースISAFの説明とは異なりアフガニスタンの治安は急速に悪化していった。対ソ連戦争や軍閥内戦時代にもなかった自爆攻撃(2005年27件、2006年139件)が行なわれるようになったことから、イラク戦争で伸張し数多くのを行なってきたの影響を指摘する声もある。議会成立[]2005年9月18日に下院議員選挙と県会議員選挙が行われた。これによりボン合意によって定められた政治プロセスは終了した。2006年[]この節のが望まれています。2006年5月15日からはISAFによる「マウント?スラスト作戦」この作戦は、2001年の本戦争が始まって以来、最大の遠距離掃討作戦となった。2006年6月にはイギリスのが、南部のではターリバーンが支配力を強め、「再び戦争状態にある」と報告した。2007年[]この節のが望まれています。2007年1月に米国は、NATO会議において削減方針を一転して2,500人規模の増派を決定した。2007年2月にムラー?オバイドゥラー?アクンドが拘束され、2007年5月にはムラー?ダードゥラーが殺害された。両者はターリバーンの最高指導評議会のメンバーであり、iwc 腕時計 レディース2006年12月に殺害されたムラー?アフタル?ウスマーニとあわせ、ターリバーンは3人の最高幹部を失ったが、その勢いは衰えなかった。ターリバーンは自爆テロ、簡易爆発装置(IED)、誘拐などを多用し、米軍や国際治安支援部隊(ISAF)を悩ませた。2007年6月、首都カブールの警察署前でターリバーンによる自爆テロが発生し、警察官ら35人が死亡、日本人2人を含む約40人が負傷した。この事件以降、カブールでの自爆テロが頻発するようになった。2008年[]この節のが望まれています。2008年2月、米国のマコネル国家情報長官は「ターリバーンはアフガニスタンの約10~11%を支配している」と述べ、ターリバーンの支配地域が拡大していることを認めた。2008年12月、におけるターリバーンの攻撃が活発化。パキスタンからアフガニスタンへ運ばれる、NATOやの輸送隊が相次いで攻撃を受ける。2009年[]1月に就任したアメリカのはアフガニスタン重視の姿勢を示しており、同年2月17日、iwc 腕時計 レディース同国への17000人規模の米軍増派を発表した。具体的な内訳としては遠征旅団が8000人、?装甲車部隊が4000人、人道支援部隊が5000人規模となっている。同年2月の段階で米軍の駐留規模は38000人余で、これに増援部隊を加え最終的な規模は6万人規模になると見られている。同年9月現在、同国には67000人規模の(参加含む)米軍が駐留している。2月、NATOはカイバル峠の輸送ルートを封鎖した。同年5月、オバマ大統領は同戦争に対する成果が乏しいことから、ISAFの司令官を事実上更迭。後任として、中将(現?大将)のをで迎える。翌月15日、マクリスタルはISAF司令官に正式に就任する。9月4日、ドイツ部隊(アフガン?クンドゥーズ洲駐留)がタリバンに燃料輸送車を奪われたことに対して空爆した。その結果、69人のタリバン兵と30人の民間人が死亡した。首相は12月1日空爆について謝罪し、同3日国防相は民間人を殺傷した空爆は不適切だったことを認めた。しかしながらiwc 腕時計 レディース、09年の同戦争は例年にも増して、ターリバーンの攻勢が過酷を極め、9月末日までの米兵の死者は220人を超え(08年の米兵死者は150人)、米兵の犠牲は過去最悪のペースで戦況の悪化が進んでいる。こうした状況を受け、マックリスタル司令官は最低で4万人の兵力増強をオバマ大統領に直訴。仮に兵力増強を逡巡すれば、同戦争に対する敗北は必定との旨を記した書簡を同年10月1日、に送付した。アフガンへの兵力増強を巡っては、軍部や共和党内の大勢が賛意を示す一方、iwc 腕時計 レディースら民主党内の左派は激しくこの案に反発している。一方、既に9000人の兵力を投入しているのは、10月14日の下院での審議で、500人の兵力増強を発表した。12月1日、オバマ米大統領は、米ニューヨーク州の陸軍士官学校で演説をした。その演説で、大統領は3万人規模の米軍を来夏までに追加派兵し、再来年(2011年7月)にはアフガン駐留米軍の削減を開始するなどのアフガニスタン新戦略を明らかにした。この増派でアフガン駐留米軍は10万人規模に達し、それに伴う追加戦費は300儱丧毪趣い铯欷皮い搿¥长螒槁园k表の裏には、iwc 腕時計 レディース米兵の死者の増加、金融?経済危機による巨額の財政赤字の下での戦費負担も深刻さを増しており、兵士の精神的ストレスも大きな問題となり、大統領の支持率が50%を割り込んでいることなどが考えられる。