コーチ Coach 財布通販専門店ブランドなどがコーチ バッグ店舗、

問題は、そうした意見をどう生かしていくかです。たかが一人の意見、されど一人の意見です。今回の場合、対処をした時点では最善の判断であったので復帰には及ばないという姿勢もありかと思いますが、苦情が寄せられているのは事実なのだから、そういう意見もあるということを考慮し今後同じような案件に当たる時には慎重に対処するというような姿勢を見せれば丸く収まったのではないでしょうか。この出来事だけをとって解任とかブロックを持ち出す必要性は感じませんが、一利用者として協調性を欠くと思われてしまえばそういう議論が巻き起こる原因となってしまいますから、慎重にやっていって欲しいと思います。-- (/) 2013年8月25日 (日) 09:43 (UTC) コメント もちろん氏の問題が今回限りの失敗であり、コーチ 財布それが継続しないのであれば、仰るとおり、どうということはありません。ですが、ご本人は同様の行為をお止めにならない様です。こちらで続いて行われた現役管理者のTomo suzuki氏および現役削除者のLearningBox氏の諫言を容れ、頑なな姿勢を改めて下されば良いのですが、でなければかなり、まずい状態でしょう。なお、山田氏にはこれまで、複数のコメント依頼が提出されています。個人的にはで議論の行われたエイプリルフールネタは、即時削除で良いと思いますため問題としませんが、(私もコメントしています)で論じられた「削除依頼で依頼者票のみ(削除賛同意見が皆無)の状態での拙速な削除は問題であると考えておりますし、このコメント依頼での山田氏のコメントも、納得のいくものではありませんでした。また、審議に影響を及ぼすものではない場合が多いのですが、山田氏は時折(多数と言うほどではありません)、削除依頼のクローズ時に演説を打たれることが見受けられます(など)。もちろん管理者の適切な助言により、トラブルが解決することはあり得ることですが、これはやりすぎです。管理者は自分の主義?主張を管理者として発言?発揮していくのではなく、こんなに言いたい事があるのであれば、この場では単に、静かにいち利用者として削除票を投じられるべきと思うのですが。そうすれば、数日後には削除意見多数、で、他の管理者が削除するわけで???。についても、事件は1年以上前ですが、個人的には記憶に新しいです。山田氏は時折スタンド?プレイが目立ちます。しかもあまりそれを、反省されているご様子が無いのです。この機会にお改め頂きたいのですが。もちろん履歴に残る対処のうち、恐らく9割以上が適切な対処であったであろうことは、想像に難くありません。ですがこの様な物言いをされてしまっては「一般利用者には見えない即時削除は、コーチ 財布果たして普段、適切に行われているのだろうか?」という疑念を拭いきれません。そう、特にCSD#記事1や記事2などにおいて。--() 2013年8月25日 (日) 10:47 (UTC) コメント さすがに、での無審議削除はまずいのではないでしょうか。定義文が抜けているといったことが主の理由な「書式の落ち度」のみなら山田さんほどの執筆者なら補足編集は容易なはずです。仮に山田さんがを貼付したとしたら剥離したと思います(類似の例 ? )。--() 2013年8月25日 (日) 09:59 (UTC)誤解があるようですが、まず「貴殿はこの全ての指摘が、不適切だとおっしゃる。」というのは事実に反しています。

コーチ 財布100%品質保証流行高級贅沢品お見逃しなく!

もし、そのように読み取れる記述があるのであれば、具体的にご指摘ください。山田は即時削除を行なった際に、自身の行為が不適切であるとは考えていませんでしたし、その時点の判断として、それ以降に提起されたような異論が出てくるとは考えておりませんでした。結果として複数の異論が出されたということは、コミュニティの意向を踏まえていなかった削除であったということかと思います。その意味では、山田の管理者権限行使が不適切であったとコミュニティが判断されたと言うことですから、コメント依頼の提起、管理者解任手続きの提起に異を唱えないことを申し上げております。その上で、現時点においても、私自身は即時削除段階における当該記事に定義文はもちろん、定義が書かれていたとは個人的には思っておりません。もちろん「定義」の定義が人によっては異なるでしょうから、グレーゾーンは常にあると思いますが、Coach 財布スタイルを無視して定義文を書かずに作成されたような記事が、望ましい記事であるとは考えておりません。なお、特定の記事について、管理者として関わるか、執筆者として関わるかの判断は、管理者個人の自由な裁量の下にあると考えております。両者の使い分けを厳密に求められることを充分に自覚していなかった以前でしたら、さんがおっしゃるようにあっさり編集していたと思いますが、本件に関しては、管理者としての関与を選んだということです。--() 2013年8月25日 (日) 10:54 (UTC)うーっと、はっきりうと今度のような案件では管理者や削除者は権限の行使を行うべきではないというものです。たしかにと言う削除理由で多くの記事が即時削除されています。これらの多くは、定義がないだけではなくその他の問題が含んでいるものが多いです。例えばある街にある一軒の不動産屋さんの記事で定義となる一文がない+会社の住所と業務内容、外部リンクしか書かれていない。こういったものを定義文を書いてもほかの理由で即時削除されたり、削除依頼にて[[]WP:DEL#E]]などで削除される。といったものがあります。何もこういったものまで定義文を書いて救済しろとまでは言いません。しかし、Wikipediaにおいてその記事の存在が明らかに認められるようなものの場合、削除ではなく編集で対応できるのですから編集対応すべきものなんですね。直接記事1についての議論ではないですが、にもだいぶ前に少し書いたことがありますよろしければ一応ご覧下さい。-- (/) 2013年8月25日 (日) 11:16 (UTC) さんの仰ることは弁えております。自分の判断とコミュニティの判断が異なるわけですから、今後、類似の案件に遭遇した際に対処が変わるのは当然です。これは、上でさんが仰っていることについても同様です。ただし、「記事1」を理由とする削除について、Coach 財布 過去の議論でどのような統一見解が形成されているのかは、少なくとも「」だけを見ても分かりません。以前にも様々な局面で過去の事例に詳しい方々に申し上げておりますが、新たに参加した人が文言の解釈についてブレが生じないようにするためには、方針に具体的内容を反映させる必要があると考えます。 さんが仰るように、記事1による削除例の多くが、「定義がないだけではなくその他の問題が含んでいるもの」であることを前提とするなら、コーチ バッグ「定義がないだけではなくその他の問題が含んでいるもの」でなければ「記事1」を理由に即時削除すべきではない、と方針に記述されるべきです。また、編集対応可能であるからといって編集対応することは、管理者権限をその記事について放棄することを意味します。この判断は、ケース?バイ?ケースで下すべきものではないかと思いますが、いかがでしょうか.

上質のCoach 財布,商品新作はお得に販売しており、コーチ バッグ新作、Coach バッグ格安にご提供いたします!

2013年8月25日 (日) 12:46 (UTC)うーんと、方針に記述されるべきです。とおっしゃっていますが、そもそもの考え方が違うんだと思います。削除権限というのは使わなくて済むものなら使わないほうがいい。削除せずとも編集対応でなんとかなるものなら編集対応で対処すべきものです。コーチ バッグあなたな利用者ページに{{}}()をあげておられますが、私はあなたの対処を見ていると違うんじゃないのか?と思うこともしばしばです。なお、方針と言われるのであればというものがすでにあります。-- (/) 2013年8月25日 (日) 14:46 (UTC) コメント すいません、ちょっと横から口を挟ませて頂きます。そもそもでは、記事1にて削除されるべきものの、典型的な例として、「項目名だけ書いてあるもの」、「文章になっているが、定義になっていないもの」、「その他、単なる単語の羅列等」。+αとして「数値データ表のみの記載で、 定義となる説明文が一切ない。」の4つが挙げられています。が、今回の山田氏が削除した版はこの4つにかすりもしていません。2番目について補足しますが、そもそもですね、をよくみてください。Coach バッグ「概要」先頭に「ビハール号事件とは」とつけ、末尾か、まあ真ん中辺りでも良いでしょう。「事件である。」と付ければ、完璧とは申しがたいですが、大体定義になっています。実用上問題は有りません。つまり、記事に既に定義が含まれていることは明らかなのです。もちろん「冒頭に定型定義文がないことは、即時削除の理由とはなりません。」とされていることは、とうにご存じでしょう。私はこの即時削除/記事1の意図するところは、「記事の体裁になっていないもの」、レベルであると捕らえるのが自然と思いますし、現役?元問わず、少なくとも最近の管理者?削除者諸兄のほとんどは、それに近いニュアンスで捕らえていらっしゃる(まあ半年少々前の実情しか知りませんが)と考えて居ます。この方針文書を前に、何故完全なる独断であの版での即時削除に至ったのか。山田氏に100回説明されても、私は首を縦に振らないでしょう。ちょっとだけ直せば立派な記事じゃないですか。また、この事件なら文献も相応に出てくるはずで、長期的には相応に発展するはず(よって、仮にまことに定義がなければ、私がこれにSDを貼られているのを見れば、自分で定義付けするか、執筆者諸兄に「このままじゃ消され兼ねませんよ、せめて保存しときましょう」と連絡を入れるでしょう、私なら。もちろん、無愛想な管理者が居てもいいのですが、管理者は削除や独断が仕事ではなく、交通整理?用務員?ボタン押しが仕事なんですよ)。大体、削除された記事は、復旧が大変なんですよ。我々年季の入った人は、テキストエディタなりなんなりを利用することが多いでしょう。しかし、Coach バッグ 初心者さんやIPさんがブラウザで直接書いていたなら?原本は失われ、執筆者諸兄は途方に暮れる事でしょう。で、削除の復帰依頼で何日も待たされる訳です(即座に復帰なされたJkr2255氏の措置は、ファインプレイです)。そうでなくとも、即座の再立項は躊躇われます。そう言った意味でも、安全側に倒して下さい。確かな改善のお約束を、期待したいです。

Tags - , , ,